薪ストーブで部屋が暖まらない時の原因と対策。見落としがちな危険なサイン!

薪ストーブ 寒い薪ストーブ
スポンサーリンク

この記事では、コメリの薪ストーブ600型を3年間使用した私が薪ストーブを使っていて気付いた事や感じた事を書かせていただいています。

これから薪ストーブを設置する方や、現在使用中の方の参考になれば嬉しく思います。

今回の記事では、薪ストーブを今までと同じように使っているのに何だか部屋の暖まりが悪いと感じた時に確認して欲しい事について書いてみました。

スポンサーリンク

煙突内部の煤を確認する

煙突の点検

薪ストーブを使っていると薪ストーブの暖房力が以前より落ちたのでは?と感じることがあります。

そうなると大抵の方は薪を多めにくべて火力を強くすると思いますが、実は温度が上がらない原因は他にあることがあります。

もし読者様の薪ストーブでこのような状況になったとしたら、まず煙突を確認してみて下さい。煙突内部に多くの煤が付着してしまっているかもしれません。

煙突内部に煤が多く付着すると煙突の放熱効果で得られる熱エネルギーが上手く室内に伝わらずに外に排出されてしまいます。結果として部屋が暖められません。

部屋が暖まらないだけならいいのですが、最悪の場合は火事になる恐れもあるのです。煙突内部に煤やタールが多く付着すると、そこに炎が引火して煙道火災を引き起こす事がありますので注意が必要です。

以下は最悪のシナリオですが、十分に考えられる事象でですし実際にこのような火災は多く発生しています。

煤が付着 → 温度低下 → 高温使用 → 煤に引火 → 煙道火災 → 住宅火災

まずは、煙突の内部を確認してみましょう。

煙突掃除はオフシーズンに1回では不十分な場合も・・

「煙突の掃除はオフシーズンに1回行いましょう。」と案内している記事を多く見かけますが、これは条件の良い環境で設置及び使用された薪ストーブのお話と思っていていいでしょう。

煙突内部の煤

 

上の画像は2か月間、質の悪い薪を使用した後の煙突の内部です。

使用した薪ストーブはコメリオリジナルの600型で煙突は壁出しで106㎜のシングル煙突を使っています。

このように決して条件が良いとは言えないものの、比較的どこにでもある環境下での使用になります。

質の悪い薪とは、針葉樹(主に松)で1年しか乾燥させていないものが8割と建築材の端材(主に杉)その他合板などの端材1割を2か月間使用しました。

11月から使い始めて1月にこの状態です。このままシーズンオフまで使用したと思うと私のような素人でも危ないと分かります。

しかし実際には私のような使い方をしている薪ストーブのオーナー様も多いのではないでしょうか。

もしも読者様の中で私と同じような仕様で薪ストーブをお使いだとしたら、煙突内部が同じような状態になっている事が考えられます。

あれ?と思ったら、シーズン途中でも煙突の確認を行いましょう。

煙突が汚れやすい使い方

煙突が汚れやすい原因はいろいろありますが、主なものを下に記載してみました。

  • 針葉樹の薪を使う・・・特に松は脂分が多くタールが発生して煙突を汚します
  • 乾燥が不十分な薪を使う・・・煙突内で水分が充満するので煤が付着しやすくなる
  • 合板などの建築材料の端材を使う・・・接着剤の燃焼により化学物質が発生し煙突を汚す
  • 煙突の横引きの距離が長い・・・煙突の横引き部分は煙が滞留し煤が溜まりやすい
  • 室外にシングル煙突を使用している・・外気で冷やされた煙は上昇気流が弱まり排出までの時間が長くなり煙突を汚す。また結露を発生させるので煙突内部だけではなく煙突外部も汚してしまう。

皆様はいくつ当てはまりましたか?

上記の項目に当てはまる個数が多いほど煙突内部が汚れやすい状態にあると言えます。

たくさん当てはまってしまった方は、早めに煙突内部を点検してみた方が良いかもしれませんよ。

ちなみに私はすべて当てはまっているので、シーズンオフに1回とシーズン中に1回の煙突掃除を行っています。

 

 

スポンサーリンク

薪ストーブ本体の灰を取り除く

煙突掃除をしただけでもだいぶ薪ストーブの燃焼の違いを実感できますが、せっかくなので薪ストーブの本体にたまった灰の掃除も行って薪ストーブ本来の性能を引き出してあげましょう。

灰受皿の掃除も大事ですが・・

薪ストーブにセットされている灰受皿の掃除はこまめに行うという方も多いと思いますが、使用時間が長くなってくると灰受皿だけではなく薪ストーブの壁面にも灰が蓄積されてきます。

外壁と内壁の間に堆積した灰が断熱材の役割をしてしまい、室内に熱エネルギーを放出できないまま煙突へ熱エネルギーを排出してしまいます。

まるで穴の開いたバケツに水を入れ続けて「なかなか溜まらないなー」と言っているようなものです。

薪も安くないので効率よく使いたいものです。簡単な掃除をするだけで暖房効果の違いが実感できるので定期的に炉内の清掃も行いましょう。

取り除いた灰はすぐに捨てない!

ここの部分は良く見てもらいたいです。

読者様は灰を取ってすぐにゴミ袋に入れて捨てていませんよね?

もし灰をすぐに捨てているという方がいらっしゃいましたら、この記事をきっかけに少しだけ灰の捨て方を変えてください。

灰が完全に冷めるまでには約2日かかると言われています。

逆に言えば灰の中に少しでも火種があった場合は2日間は火種を保てるという事です。

これは火災につながる非常に怖い事ですので本当に気を付けましょう。

掃除で出た灰はフタの付いたブリキの缶などにいったん回収して2日以上経ってから安全を確認して捨ててください。

不適切な灰の処理から火事になった例は少なくありません。

灰の特性を知って快適な薪ストーブライフを送りましょう。

灰の利用方法と注意しなければならないこと

薪ストーブを使っているとどうしても灰が出ます。

畑や菜園を持っていれば肥料として自家消費できるのですが、そうでない場合は自治体の定める方法で廃棄する事になります。

ここで注意してほしいのが、灰を無届で販売するという事です。

なぜ、灰を販売してはダメなのかと言うと肥料取締法という法律があり、そこで灰は肥料として扱われています。

そこでは肥料を販売するには届出が必要と規定されており、無届出でこれを行った場合は肥料取締法に違反してしまう事になります。

実際に2020年にフリマサイトに灰を出品して書類送検になった事例もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

今回は薪ストーブを効率よく使用するためのチェックポイントを大きく分けて2つ紹介させていただきました。

いづれも薪ストーブを安全に使っていくためには大切な事ですので、参考にしていただけたら嬉しく思います。

薪ストーブは設置してからもずっと手間のかかる暖房器具ですが、その分ほかの暖房器具では味わう事のできない暖かさと癒しをあたえてくれます。

薪ストーブは奥が深いので思ったようにコントロールすることができない事も多々ありますが仕組みと特性を知ってより快適な薪ストーブライフを送りましょう。

このブログでは今後も薪ストーブについての情報を皆様にお伝えしていけたら良いと思っておりますので今後ともよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント