ハーレーXL1200Xフォーティーエイトのエンジンオイル交換方法

レブテック エンジンオイルバイク
スポンサーリンク

メンテナンス難易度   2.0

この記事ではハーレーのスポーツスターシリーズのエンジンオイルを交換する手順を紹介します。

今回エンジンオイルを交換する車両はXL1200X(フォーティーエイト)の2018年モデルになります。

写真付きで可能な限り細かく解説していますので、スポーツスターシリーズのエンジンオイル交換を行う際の参考にしてください。

スポンサーリンク

オイル交換前に準備するもの

XL1200Xオイル交換の道具
準備するもの
  • エンジンオイル
  • オイルフィルター(交換する場合)
  • マイナスドライバー
  • オイルフィルターレンチ(オイルフィルターを交換する場合)
  • スピナーハンドルまたは、ラチェットレンチなど
  • アルミホイル
  • ウエス
  • オイル受け
  • オイル処理ボックス

使用するエンジンオイルは、【レブテック】の化学合成油

XL1200Xエンジンオイル交換

純正のエンジンオイルを使用したいところではありましたが予算の関係で純正には手が伸ばせませんでした。

そこで今回は低価格でありながら純正品に劣らない品質で定評があったレブテックのエンジンオイルを使用することにしました。

今回の車両は慣らし運転後最初のオイル交換なので100%科学合成油を使用します。

品名は、レブテックSYNTHETIC MTPオイル SAE20W‐50です。

こちらを3本用意します。(946㎖)

筆者
 

商品名にあるSYNTHETICは化学合成油という意味です。

MTPはそれぞれモータートランスミッションプライマリーに使用できるという事を表しています。

SAEは「アメリカ自動車技術者協会」の基準で作られたオイルを意味し、

20Wー50は低温時と高温時のオイルの粘度を表しています。

¥2,140 (2022/12/02 00:31時点 | Amazon調べ)

オイルフィルターはキジマのマグネットインを使用

XL1200Xエンジンオイル交換

オイルフィルターはキジマのマグネットインを使用することにしました。

このオイルフィルターは高性能フィルターとマグネットの力でエンジン内の不純物と鉄粉を効果的に除去することでエンジンオイルのロングライフ化を実現します。

オイルフィルターは、オイル交換の2回に1回交換します。

品番は、ハーレーHD‐08705 です。

スポンサーリンク

エンジンオイルの交換手順

道具の準備できたらいよいよ作業開始です!

まずは10分程走行してエンジンオイルを温めます。

エンジンオイルが温められて柔らかくなるとオイルをスムーズに抜くことができます。

バイクの試運転

エンジンオイルの抜き取り

エンジンが温まったら、古いエンジンオイルの抜き取り作業を行います。

XL1200Xドレンホース

これがエンジンオイルのドレンホースです。このキャップを外してオイルを抜きます。

XL1200Xオイル交換手順

最初にドレンホースを留めているクリップを外します。

XL1200Xオイル交換手順

クリップを外すコツは正面から外そうとするのではなく、奥に指をかけてクリップを開きながら手前に押す?感じです。簡単に外れます。

XL1200Xオイル交換手順

傷をつけずに外せました。クリップはこんな形をしています。

XL1200Xエンジンオイル交換

クリップを外したらドレンホースをこのような感じで車体に引っ掛けましょう。

XL1200Xエンジンオイル交換手順

ここでオイル受けをセットして、マイナスドライバーでホースバンドを緩めます。

XL1200Xエンジンオイル交換手順

ドレンキャップを引き抜いてオイルを排出させます。

さすがに3年物はきったないですね。(笑)

皆様はこうならないように定期的に交換してくださいね。

オイル受け皿を使用することでオイルの汚れ具合や鉄粉の発生具合を確認しやすくなります。
XL1200Xエンジンオイル交換手順

オイルフィラーキャップを緩めるとオイルの抜けが良くなります。

オイルフィラーキャップはプッシュして頭が浮いたら、反時計周りにネジると外れます。

オイルフィルターの交換

XL1200Xオイルフィルター交換

オイルフィルターの交換は、エンジンオイルを抜いている間に行います。

オイルフィルターの交換がない場合はココは飛ばして読んでください。

エンジンオイル交換の2回に1回はオイルフィルターの交換も行います。

オイルフィルターの取り外し

オイルフィルターを緩めるとフィルター内のオイルが流れ出てきてしまいます。

何も対策をしないと大切なバイクがオイルまみれになってしまいます。

そこでこのオイルをキャッチする方法として、牛乳パックやペットボトルを加工したもので漏れ出たオイルをキャッチする方法が多く紹介されていますが、実はこのやり方では完璧にオイルをキャッチすることはできません。

今回はもっと手軽に、しかも完璧にオイルをキャッチする方法を見つけましたので紹介します。

これを使えば愛車をオイルで汚すことなくフィルター交換ができます。
アルミホイル

使う道具は、どこの家庭にもあるアルミホイルです。

XL1200Xオイルフィルター交換

アルミホイルを使ってフィルター下の養生をします。

流れ出たオイルがオイル受け皿に流れるように水路を成形します。

XL1200Xオイルフィルター交換

アルミホイルでの養生ができたら、オイルフィルターレンチでオイルフィルターを緩めます。

XL1200Xオイルフィルター交換

オイルフィルターを緩めると中に溜まっていたオイルが流れ出てオイル受け皿に流れます。

XL1200Xオイルフィルター交換

オイルフィルターを取り外した後は、結合部分を綺麗に拭いて清潔にしておきましょう。

オイルフィルターの取付け

XL1200Xオイルフィルター交換

新しいオイルフィルターを用意します。

XL1200Xオイルフィルター交換

新しいオイルフィルターに半分ほどオイルを注いで中のろ材にオイルをしみ込ませます。

XL1200Xオイルフィルター交換

続いてオイルフィルターのOリングにオイルを塗ります。

締め付けた際にグリップしてOリングがよじれてしまうのを防止するためです。

XL1200Xオイルフィルター交換

新しいオイルフィルターを装着します。はじめは手で締められる限界のところまで締めてください。

グリップの良い手袋があると便利です。

XL1200Xオイルフィルター交換

手で締められるところまで締めたら、フィルターレンチでもう半回転(180度)締めます。

(画像の布はキズ防止のために挟んでいます)

XL1200Xオイルフィルター交換

以上でオイルフィルターの交換は完了です。

新しいエンジンオイルの充填

古いオイルが抜けきったら、新しいエンジンオイルを充填していきます。

XL1200Xエンジンオイルの充填

エンジンオイルは1クォート入りを3本用意します。

オイルフィルターを交換する場合はピッタリ3本使います。

XL1200Xエンジンオイルの充填

ドレンキャップをはめてホースバンドでしっかりと固定します。

XL1200Xエンジンオイルの充填

ホースクリップを取り付けます。押し込むだけです。

XL1200Xエンジンオイルの充填

オイルフィラーキャップを外します。

プッシュして浮き上がったキャップを左に回すと外せます。

XL1200Xエンジンオイルの充填

エンジンオイルを入れて下さい。

2本目までは何も考えずに入れても大丈夫です。溢れることはありません。

XL1200Xエンジンオイルの充填

3本目は油面を確認しながら注ぎます。

オイルフィルターを交換しない場合は3本目は少し余ります。

XL1200Xエンジンオイルの充填

今回はオイルフィルターを交換したので丁度3本使い切りました。

XL1200Xエンジンオイルの充填

オイルを注ぎ終えたら、いったんオイルフィラーキャップを閉めて下さい。

XL1200Xエンジンオイルの充填

オイルを循環させるため、一度エンジンをかけて1分ほどアイドリングを行います。

XL1200Xエンジンオイルの充填

エンジンを止めて5分程したら、再度オイルレベルの確認をしてください。

オイルレベルが適量の範囲にあればOKです。

XL1200Xエンジンオイルの充填

最後にオイルフィラーキャップを閉めてエンジンオイルの交換作業は完了です。

オイルの交換作業中は異物を混入させないように注意が必要です。特に砂が1粒でも混入するとエンジン内部に深刻なダメージを与えてしまう恐れがあるのでキャップ類やフィルターは常に清潔に管理しながら作業しましょう。

エンジンオイル交換後は試運転を

XL1200Xエンジンオイルの充填

オイル交換後は試運転をしましょう。

試運転することでエンジンには負荷がかかります。エンジン内の圧力も高くなりアイドリング状態の時には無かった箇所からオイルがにじみ出ることがあります。

特にオイルフィルターの結合部やドレンキャップ周辺を念入りに確認します。

スポーツスターのエンジンオイル交換は初回は800㎞、2回目は1500㎞、その後は3000㎞ごとに交換します。

抜き取ったエンジンオイルの確認

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: fedb5e869a27d23e9c939cf04b5fa41c.png

抜き取ってから15分ほど放置して鉄粉や異物が沈殿するのを待ちます。

XL1200Xエンジンオイルのチェック

オイルの上澄みを静かにオイル処理ボックスなどに捨てます。

XL1200Xエンジンオイルのチェック

オイルを捨てた後にオイル受け皿を確認します。

写真だと見にくいですが、赤丸の中の白い点が鉄粉です。

新車のエンジンオイル交換ではこのように鉄粉が多く出ます。

このような鉄粉の混じったオイルを長期間エンジン内を循環させると、エンジンに深刻なダメージを与えてしまいます。

新車のオイル交換を800㎞で行わなければならないのは、このような理由からです。

オイル受け皿を使うことで抜き取ったオイルの状態を簡単に確認できます。
スポンサーリンク

エンジンオイル交換をやってみて

まとめ

エンジンオイルを交換した感想は、「思っていたより簡単だなぁ」という印象です。

ドキドキしながら慎重に作業を行いましたが、終わってみれば車のオイル交換なんかよりずーと簡単です。車の下にもぐったりしなくていいですからね。

交換後の変化は、エンジンのかかりがスムーズになりました。

汚れと酸化でエンジンオイルの粘度が上ってしまっていたためでしょうか。

また、走行時はシャカシャカ音が軽減してアクセルを開けた時の反応が良くなった気がします。

やっぱりエンジンオイル交換って大切なんですね。

これまでメンテナンスはやった事がないという方も、最初のメンテナンスにエンジンオイル交換をやってみてはいかがですか?

簡単な作業なので是非皆さんにもチャレンジしてもらいたいです。

その際にはこの記事が皆様のお役にたてればとても嬉しく思います。

ところで、愛車の防犯対策は万全ですか?

最近は防犯カメラを設置していても簡単にバイクが盗難にあう被害が続出しています。

スポーツスターシリーズは近年中古市場の価格が高騰しており盗難の被害にあいやすい車種です。

防犯カメラの設置も有効かと思いますが、賃貸住宅では防犯カメラの設置自体がむずかしい場合もあります。

車輪のロックも窃盗のプロに目を付けられたらひとたまりもないでしょう。

盗まれてからでは手遅れです。

国内メーカー、海外メーカーを問わずに高い評価を得ている「ずっとライドクラブ」の盗難保険は以下のバナーからご確認して下さい。

あなたの愛車、あなたが思っているより高価です⁉

防犯対策にかけるお金ってもったいないですよね。

でもここ最近の中古バイク市場を見るとそうも言っていられなくなるかもしれません。

近年のバイク事情はというと、自粛生活で急激にバイクの重要が増えたにも関わらず半導体の不足から新車の供給が追い付かず、需要と供給のバランスが崩れてしまっている状態が現在まで継続しています。

これにより中古バイクの需要が高まり、価格が高騰している状態になっています。

バイクの価値が上ればドロボーに狙われる可能性も高くなります。

愛車の価値を知って適切な対策をしましょう。

アップスでは、バイクの画像だけで愛車の価値を査定できます。

全国200社以上の優良バイク販売店が参加!しかも完全無料!

 

 

コメント